立体思考の使い方

目標そのものだけでなく、その周囲の環境なども考えながら、最適な計画を練っていくことが、空間思考です。建築の設計では、建物単体を考えるのではなく、周囲の環境やその土地に至るまでのアプローチを考えてから建物の配置を考えます。それと同じように、世の中の環境、会社や学校の状況、自分のプライベートな状況をよく調べてから、ビジネスや試験などの目標達成までの設計図を描くわけです。

たとえば、海外の大学に行きたいと思ったとき

1)帰国してからの問題
2)将来目指す仕事
3)お金の問題
4)英語の問題

まずこのことを考えなければなりません。
これらの周辺環境を図表にして物事を多層的に理解するために空間思想が役立ちます。

下の例はボリュームがどれくらい少なくなるかの例ですので、内容を読む必要はありません。
まずは、文章の量がこれだけあることが図表にするとこれだけシンプルになる例←です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。