中国のアリババの常連デス

アメリカ上場する前から、ALIBABAを使っています。
私の場合、クラフトの資材用のスマホカバーやバッグなど購入していました。これは段々値段が上がってしまって個人輸入のメリットはなくなりました。
私の個人的な印象では布を使った製品は今一つです。一番買っているのは、ピアスです。
ヨーロッパのブランド品をパクッていると想像できるデザインのものがお手頃に買うことができます。私は買いませんが、もろヨーロッパのブランド名が入っている偽物もあります。

そして、最近ハイキングに行くので、山グッズも購入するようになりました。いやぁー、安くて品質もとてもいいです。
↓夏用のクライミングパンツ12ドル位です。足の部分を折って写真を取ってますが、短パンではなく長パンです。UVで速乾。通気性も満足、シルエットも綺麗です。同じく冬用のフリース下地の防水長パンツも15ドル位でした。すべて送料込みの価格です。

↓防水パーカー。さすがにゴアテックスほどではないですが、ちょっとした雨ならOK.
バッグがついて、小さくなります。これも6ドルちょっとでした。

こうやって買い物していると、本当に日本はすっかり中国に負けているのが分かります。カーゴみたいな箱型の無人のコンビニがすでに中国にはあるとか。意欲で日本は中国に負けているのだと思います。社会が超安定志向でリスクを取らないから、その結果国内に残っている若者もすっかり安定志向です。
★ちなみに革を使った商品は、海外から日本への個人輸入の際に注意が必要です。革靴は確か1足5000円位関税がかかります。皮革産業は政府に手厚く保護されているんですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。