英語教育の問題

小学校での英語教育が始まっていますが、外国語教育についての問題を取り上げます。
通常、語学の勉強というと、下の図1)のようなことを段々覚えていくことを指すと思います。1)は、実際には非常に表面的なものだと思います。そして、ご存じのように、非欧米言語が母国語の人にとって1)のような段階を踏んで英語を習得するのはかなり多くの時間が必要です。

2)は、その言語圏の文化の核の部分に関わってきます。日本人はYes/Noをはっきり言わずやんわり断ったりすることも多いです。英語をしゃべるときは、はっきりYes/Noを決めなければなりません。それができなければ、コミュニケーションがむずかしくなります。ここが実は結構難しいところです。日本語で喋らない内容を、英語のときは話さなければならないからです。日本では授業中に手を挙げて先生に質問する子供もあまり見ないのではないでしょうか?いきなりディベートをしろっと言っても、先生たちもやったことがないからやり方がよくわからないわけです。

1)語学の習得
%e8%aa%9e%e5%ad%a61
2)議論や検証の手順
%e8%aa%9e%e5%ad%a62

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。