結婚すれば幸せなのか2

結婚すれば幸せな人生への切符が手に入ると思っている方もいらっしゃるようですが、本当でしょうか?結婚相手を見ないで、二人で進む方向を見て過ごすのがうまくいくと聞いたことがあるような気もします。相手をじっくり見ると粗が見えてきてしまいますしね。二人の人生の進む方向が別々の方向になることだってあります。
子供が欲しいのなら結婚がいいのでしょうね。子供は手がかかるし責任が重いでしょうが、親にとって宝であり癒しだというのは本当なのだろうと思います。自分の子供と暮らすのは、しあわせなのでしょう。

私の友人に重い障害のある子供さんを持つご夫妻がいます。
ご夫妻のお気持ちは私には到底わかりませんし、部外者が勝手にあれこれいうのも失礼だと思います。
ただ、ずっと昔に私に送ってくれた年賀状の中の家族写真には、とてもつらそうなお母さんが写ってました。
だんだん年月が経つにつれあたたかい笑顔があふれるようになったのはおそらく気のせいではないでしょう。そういうご家族もいらっしゃいます。

他人から見て、本人が幸せなのか不幸せなのかなんてそうそうわからないものです。
最低限の生活ができて自分がつらいときにつらいとぼそっと言える人がそばにいれば、悪いことが起こってもなんとか踏ん張ってがんばることができるのではないでしょうか?ぼそっと言える人が結婚相手だったり、恋人だったり、友人だったり、隣人だったり…。たくさんでなくていいから自分が心から信頼できる人がいればいいなと私は思います。

日本人は個人主義をたいせつにしないかわりに、結婚や家族をたいせつにするようにみえます。

結婚すれば幸せなのか1
コメント欄は休止中です。