日建設計が反論

10月6日にこの図が日建設計のもので、盛り土が不要と彼らが判断したとメディアで公表されましたが、日建設計が反論するに至りました。彼らによれば、日建設計が東京都からそのような指示を受けたとのことです。

日経アーキテクチャアの記事 豊洲市場と日建設計によると
<以下、日経アーキテクチャーWEBsiteから引用>
 浅野都議は「技術提案書は日建設計の独自提案なのか、それとも都との調整を経たうえで提案された内容なのか」と質問。これに対して都の施設整備担当部長は「審査過程の中で設計事務所が自ら提案したい技術的な内容を提出したもの。日建設計、独自の提案」と回答した。
プロポーザルの段階では、設計者の提案はあくまで可能性の1つ。提案を採用するか否かの決定権は都側にある。
 日建設計はプレスリリースで、豊洲新市場の建物地下に設けられたモニタリング空間についても言及。「基本設計の受託者に特定された後、業務期間中に東京都から『モニタリング空間を地下に設ける』よう指示を受け、設計に反映した」と説明している。
<引用終わり>

日建設計は重機の入った図面まで公表しています。

さて、真相は如何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。