小野美由紀さんがいい

ネットで見かけた文筆家の小野美由紀さん。世代は違うけれど、非常に共感しました。

私の家もこの方の家と似ているようなところもあります…。
赤裸々に書いてあるところも面白いです。女性の性について書いたり、その手の隠語を使ってかく作家が出てきたのは時代が変わってきた証拠だと思います。私の世代より進化していてとてもうれしいです。ブログを読んでみましたが、文章もとてもうまい方ですね!
https://p-dress.jp/articles/5791
小説もお正月に読む予定です。わくわくしますね。

昨日仕込んでおいた黒豆を大炎上させてしまいました。グスン。外で庭掃除しちゃって、すっかり忘れていたら、玄関は入ったら焼き芋の匂いがする。2階に上がるとキッチンが白い煙でかすんでました。明日もういちど、今度はタイマー付きの電磁調理器で煮ます。今度は丹波の黒豆だ~。

<追記>
傷口から人生。-メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった-幻冬舎文庫-小野-美由紀/dp/4344423046を読みました。ところどころ面白い表現があり、共感するところも多々ありますが、何かが足りない気がして…。もしかして、web上でぷつぷつと一つずつ書いた文章のせいかとも思いました。面白いけど、もういちど構成し直して、もっと全体を一つの軸のあるストーリーにして書いて欲しいですね。えらそうですが、なぜか読みにくいのも確かなんです。