イノベーションは自己否定から始まる

 先週MXTVのモーニングクロスを見ていたら、山口真由さんというめちゃくちゃ優秀な女性が発言していました。「イノベーションは自己否定」だと。思わず膝を叩いてしまいました。凄い名言だなぁと思います。
 個人のレベルでも、自分はまだまだヘタだと思ってずっと努力を続けるのは、おそらく自分の技能にダメだしすることから始まっていますよね。そして日々向上しようと努める。手塚治虫さんが生前、あんなに絵がうまいのにもかかわらず、ご自分で「下手だ下手だ」とおっしゃっていたという話を思い出しました。
 世の中自画自賛の人の方が多いと思います。以前cookpadを見ていたら、かなりいい加減なレシピを自画自賛で載せている人がいました。論理的に考えてその作り方間違ってるのにねぇと思いました。料理だから好きにやればいいわけですが、それも程度問題じゃないですかね。完全に誤った作り方を全然知らん人に向けて自慢げに料理ブログなどに載せてしまうのは非常に迷惑だなぁと思いました。私は結構料理はうるさい方ですので、厳しいかもしれませんが…。
 自画自賛は楽で、自己否定は苦しい。自己否定よりも自画自賛の営業の方が仕事が取れる。状況ごとに、これらのバランスが取れたら一番ですが、人間やはり楽な方に流れていきます。私自身、ちょっと病気をしてからストレス貯めるのはやめようと最近全てテキトウモードになっていることを振り返って反省しています。優先順位が大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。