愛されたい人が介護する


家族の中で、親の介護や世話をするのは、兄弟のうちだれでしょうか?
昔は長男が親の面倒をみるという考え方があったため、長男の嫁が親の面倒をみることが多かった。
今も地方や古い考え方の家ではそう思われているのでしょう。
長男の嫁が痴呆老人の面倒をみて病気になって早死にしたなんて話も聞きます。

核家族になると話は異なります。
だれが親の介護をするか。独身だったり親に愛されたかった人です。
私の知っている家庭では、親に溺愛されていた離婚した長女は何もせず、独身の弟が食事をつくり痴呆の母親の世話をしているそうです。長女は弟の作った夕食を食べにくるそうです。なんともうらやましいことです。
親にちやほやされ自分勝手に生きてきた人間は、親の世話などせず、何も手伝いもしません。
何もできないと初めから宣言していれば、誰も期待しないようです。
自分勝手な人間の方が得をするみたいですね。自分勝手にならなきゃいけませんね。
本当は施設に入ってもらいたいですが、本人がダダをこねるため、そこまでの道のりは遠いようです。

コメント欄は停止中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。